開催案内の表紙を飾るのは、島根県内唯一の私鉄、「一畑電車」です。
なぜ、一畑電車が表紙なのかと言いますと・・・、
1日目の記念講演をしていただく、映画監督、錦織良成監督の代表作のひとつ、
「RAILWAYS(レイルウェイズ)-49歳で電車の運転士になった男の物語-」は
一畑電車が舞台となっているのです。

 

2日目の第1と第2分科会は、この一畑電車に乗って各会場へ向かいます。
錦織監督の話を聞いた後に、まさしくその電車に乗ることが出来る、
またとない機会です。

実は、この写真は宍道湖と一畑電車を表紙に載せたいとの、
事務局の要望に応え印刷会社さんが、
わざわざ写真を撮りに行って下さいました。

島根大会は色々な方の協力で、日々作り上げています。

多くの皆さんのご参加を心からお待ち申し上げております。